雑誌読み放題をオフラインで楽しむポイントと注意点

未分類

スマホなどで雑誌を読む際は、1冊のデータが大きくなりますの通信容量の負担が大きくなります。

動画や音楽なども楽しみたい人にとっては、通信容量を使いすぎないことが気になると思います。

雑誌読み放題のアプリには事前ダウンロードのサービスがありますので、事前ダウンロードを有効活用して情報収集することができます。

ここでは、雑誌読み放題の事前ダウンロードについて紹介します。あわせておすすめの雑誌読み放題のサービスについても紹介していきます。

雑誌読み放題はWiFi環境での事前のダウンロードがおすすめ

雑誌読み放題は、画像を多く取り込むために雑誌1冊のファイルサイズが大きくなります。

事前に読みたい雑誌などがある場合は、事前ダウンロードをおすすめします。

有料の雑誌読み放題であればダウンロード機能がついています。それぞれのアプリによって操作方法は違いますが、機能的には同じものになります。

特に通勤時間などで通信の混み合う時間はダウンロードできずに雑誌が読めないということも起きますので、せっかくの通勤時間の楽しみがなっちゃいますので事前ダウンロードは必須です。

雑誌1冊のサイズは大きいので容量に注意

雑誌1冊は、文字の多いものでも小さい画像ファイルの集まりで作られています。

そのためファイルのサイズが大きくなります。

文字の多い週刊誌などでは100MB以下ぐらい、写真の多いファッション誌などは100MBオーバーのサイズになりますので契約容量が限られている人は事前ダウンロードやWiFi環境が必要になります。

またスマホの保存容量にも影響してきますので、読み終わった雑誌は削除して容量を空けたり、Android携帯であればSDカードなどで容量を増やすなど対策も必要です。

自動ダウンロード機能のある雑誌読み放題アプリ

有料の雑誌読み放題ではアプリであればダウンロード可能の機能が含まれています。

機能的に便利で月額料金が安いものとして、楽天マガジンとdマガジンを紹介します。

楽天マガジンはダウンロード中も他の雑誌が読める

楽天マガジンは楽天モバイルが運営する雑誌読み放題です。

月額380円で雑誌を楽しむことができます。また楽天マガジンだけ年払いも可能で、年額3,600円(月額300円換算)と最安値で雑誌読み放題が楽しむことができます。

ダウンロードの方法もボタン操作で分かりやすく、ダウンロードも円グラフ状で表示されます。

dマガジンはお気に入りを登録すれば自動でダウンロードしてくれる

dマガジンはdocomoが運営する雑誌読み放題です。

月額は400円(税抜)でdポイントも貯めることができます。

記事ごとの検索やおすすめの紹介されるのがdマガジンの特徴です。

また毎週読んでいるような雑誌や見逃したくない雑誌をお気に入り登録して、設定をしておくと自動ダウンロードもしてくれます。

格安SIMか自宅に光回線の導入で容量オーバーを避けましょう

容量オーバーなどが気になるという人は、格安SIMなどのへの切り替えや自宅に自宅回線などを導入するなど検討してみていいでしょう。

docomoなどの大手の通信会社を利用している場合から、格安SIMに移行すると同じ料金でも何倍もの容量を利用できたりすることもありますので切り替えを検討して見てください。

また自宅に光回線やポケットWiFiを導入することで家での通信容量を下げることもできます。

どちらも契約など複雑になりますが、一度乗り越えれば料金がグッと安くなりますので検討して見てください。

通信容量を気にせずに雑誌を楽しむなら事前ダウンロードは必須!

動画やSNSなどに通信容量をなるべく多く使いたいけど、いろいろな情報も手に入れたいという場合には、雑誌読み放題を利用は非常に便利なサービスになります。

通信容量を気にせずに雑誌を楽しんだりストレスなく楽しむには、事前のダウンロードは大事なりますので上手に活用していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました