ボートレース浜名湖で「煮かけうどん」なるソウルフードを食べてきました

旅行

今回も青春18きっぷを利用して、静岡県湖西市にあるボートレース浜名湖に行ってきました。

レストランでちょっと変わった名前の「煮かけうどん」を食べてきました。

名古屋へ行くのは、亀山経由の方が時間はかかるがゆったりできる

普通列車を乗り継ぐ方法として通常検索で出てきます。

東海道本線を利用して、大阪から新快速で米原まで移動して、米原から大垣は少ない車両編成の電車の乗り継ぎ、大垣から名古屋まではまた快速に乗るというような感じです。

今回は、前回のボートレース津に行く行程の亀山までは同じ方法で、

そこから逆方向に名古屋に向かうという方法です。(関西本線で移動するルート)

亀山での乗り換え時間が30分ほどあるのと、名古屋までの道のりで途中数度停車する時間があるので米原を通るルートと違い、

1時間半ほど多く時間はかかってしまいますが、心理的な負担が少なくて済みました。

次回以降は大阪から名古屋に向かうときは亀山ルートを積極的に使って行きたいと思います。



最寄り駅は、新居町(あらいまち)駅

名古屋からは、新快速で豊橋まで移動して
豊橋からは浜松行きの普通電車に乗り「新居町」(あらいまち)という駅で下車します。

専用の乗降口から降りて5分ほど歩くと、ボートレース浜名湖に到着します。


大仰な建物が印象的

なんと行っても浜名湖は投票所の建物がとにかくデカいということが印象的です。

焼き肉のタレの宮殿の工場と同等なイメージで大仰な感覚を持ちます。

煮かけうどんとは三河地方のソウルフード?

煮かけうどんとは三河地方のソウルフードで、かけうどんやかけそばの上にかつお節とネギが乗せられたものだそうです。

簡単に言えば「かけうどん」「かけそば」です。そこになぜ「煮」がついたのかは諸説あるらしいので割愛します。

中央スタンドの一番端の方の「レストラン ピットイン」という食堂で食べられます。(大きなアトリウムのエスカレータからすぐ)

食券を買って、カウンターに並びます。食券にもちゃんと「煮かけうどん」と書かれています。お昼時だったので前後で注文されている人もちらほらいました。

食券を渡すとすぐに出てきました。

かつお節が少し乗っているだけなのでそれなりに風味と食感を違うものして、これはこれでアリだなと思いました。370円という値段も相まって優しい味でした。

エビフライも100円で食べられる

また、浜名湖の名物の1つとしてエビフライがあります。

前回来たときは、1回で屋台のような形式で売られていただけのような感じでしたが今回は複数の売店で売られていました。1本100円で気軽に食べやすいというのもありがたいです。

エビフライ(100円)とイカ五平(150円)

まとめ

今回食べた「煮かけうどん」はまだボートレース浜名湖だけでしか見たことがないのですが、今度はうどん屋さんで再度試してみたいと思います。

ソウルフードということで家庭で食べるのが一般的なのか、店で食べるのか一般的なのか分かりませんが是非とも挑戦してみたいと思います。

ボートレース浜名湖
http://www.boatrace-hamanako.jp/
〒431-0301 静岡県湖西市新居町中之郷3727−7

コメント

タイトルとURLをコピーしました